見える化

050513_1435~001.jpg 「見える化」というキーワードは結構アクセスランキングでも人気らしい。
オイラが、この言葉を聴いたのは、恥ずかしながら、初めて参加した「シニア社会学会」の総会やった。
それから、立て続けに、3日で4回聴いた。
つまり、だれでもがわかりやすく情報を整理するための手法なんやな。
ええことやと思うた。
確かに、わかりにくいことの多い今の世の中や。 見ていた事象のその裏に、また裏面交渉とかいうものが進行していて、実は、そっちの方が実際の決断に大きな影響を与えることがようある。 最初の事象だけを安心して眺めていたものにとっては、何の前触れもなく浮上してきたある意見でもって、右から左へ、白から黒へと結論が逆転してしまうのは摩訶不思議。
そやけど、最近はこういうのが、当たり前になってしもうたから、みんなも実は裏読みしつつ、その瞬間に備えたはるんやなあ。
賢いもんや、最近の人間は・・・・

裏の裏は表・・・・最近はそんな手が使われることもあるそうな。
新政権のリニューアルが間もなく完成する。
「見える化」作業を進めて頂いて、国民がほんまに安心する方向に向かっていって欲しいなあ。
父ちゃんも、今、作業中。 介護予防のための音楽ツールを普及するために、ここんとこ各行政を歩いたはるけど、それぞれ窓口がバラバラで手を焼いたはる。ここも「見える化」が必要やなあ。オイラ、とりあえず寝て待つ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。